株式会社 佐藤木材

“FOR PEOPLE’S BRIGHT, AFFLUENT, AND HAPPY LIFE”

FSC®(森林管理協議会)COC認証取得 株式会社佐藤木材
認証番号SGSHK-COC-350025 ライセンス番号FSC®C128338

FSC®(森林管理協議会)COC認証取得 株式会社佐藤木材
認証番号SGSHK-COC-350025 ライセンス番号FSC®C128338

  • 日々の生活にぬくもりと、彩りを。
  • 木のサイクルを考えた森林保護。
  • 資源を有効に活用しながら、木と共存していく。

私たち佐藤木材は、世界中の銘木を取り揃え彩りある生活シーンの創造に貢献いたします。

株式会社佐藤木材のウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。

木材が人々に与えるリラクゼーション効果は絶大です。 “一人でも多くの方に木材を通して安らぎをお届けしたい”という思いで、我々はプロの木材人として優良な木材・集成材を世界各地から輸入し、販売を行っております。また、木材の良さを最大限活かしたオーダーメイドでつくる住宅用造作材や物件家具の製造など、お客様のニーズに合わせて幅広くサービスを提供しております。

ご用命の際はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせくださいませ。

詳しくはこちら

株式会社佐藤木材

佐藤木材の考える森林保護

昨今、地球温暖化が懸念されるにつれ、二酸化炭素の排出を抑制する様々な働きかけがなされています。その一つとして森林保護が言われていますが、木を切らずに放置する事が森林保護になるわけでは決してありません。木を切らずに放置すれば、森林は荒廃し、様々な自然災害の影響を受けやすくなってしまいます。また、木は老いてしまうと光合成の能力が落ちてしまい、二酸化炭素を吸収し酸素を生み出す力が落ちてしまいます。つまり温暖化防止機能が低下してしまうのです。

木の成長率を考え計画的に伐採し、伐採した後は植えるという森林サイクルが必要なのです。今、森林破壊として問題になっているのはこの森林サイクルを無視して無差別に伐採するという行為です。本当に温暖化防止のための森林保護を考えるのであれば、木を利用しないということではなく、きちんと管理された森林から伐採された木を使うということが大事です。森林サイクルがきちんと確立されれば、木材という資源は有限のものではなく無限なものになるのです。

森林保護

佐藤木材は、FSC®CoC認証を取得しています

株式会社佐藤木材は、2016年1月12日より、FSC®CoC認証を取得し、環境保全に配慮した適切な森林管理のもと出荷された事が証明される事業に取り組んでいます。

無計画な植林や伐採は、森や山の自然環境を破壊することに直結します。そうならないために計画的に木々を育て、しっかりと間伐を行い、適切な時期に伐採することで、森や山の自然環境にとってより豊かなサイクルを形成し、わたしたちの暮らしに必要な木材を採取することを目的としています。

FSC®CoC認証

FSC®森林認証制度とは?

FSC®とは、Forest Stewardship Council®(森林管理協議会)の略称で、世界中のすべての森林を対象とし、環境保全の点からみて適切で、かつ経済的にも継続可能な森林管理を推進することを目的として設立された団体です。
FSC®による認証は、林業経営・森林管理に与えられるFM認証と、認証製品を取り扱う加工業者や流通業者に与えられるCOC認証があります。
消費者の方々が、厳しい管理体制のもとで製造されたFSCのロゴマークが付いた製品を選択し、積極的に購入することで、世界の森林保全を間接的に応援できる仕組みです。

木の使い方

木は自然のものですから、すべてが真っ直ぐで欠点のないものばかりということは不可能です。

従来、日本で利用されてきたものはこういった欠点を取り除いたものばかりが多数を占めていました。一方で欠点の多いものは利用価値がないものとされてきました。しかし、資源を有効に活用し木と共存していく、という観点から考えると木が持つ欠点も上手に利用していくことが大事だと思います。欠点も上手に利用すると非常に味があり、オリジナリティ溢れる良い商品になります。

森林保護