株式会社 佐藤木材

“FOR PEOPLE’S BRIGHT, AFFLUENT, AND HAPPY LIFE”

FSC®(森林管理協議会)COC認証取得 株式会社佐藤木材
認証番号SGSHK-COC-350025 ライセンス番号FSC®C128338

集成材ができるまで

集成材

集成材とは、木と木を専用の接着剤で貼り合わせたものを言います。
木が育つには長年の月日を要しますので、1枚板で取れるサイズには限界があります。1枚板では取れないようなサイズでも実用を可能にしたのが集成材です。また、集成することにより、小さな木材まで利用することができ、資源の有効活用にも繋がります。

一般的に杢目が不揃いになるため、外観が1枚板に比べると劣ります。また、よく強度に関してのご質問をいただきますが、用途に合わせた(例:野外用等)接着剤を使用し適切に集成されたものであれば、接着面の部分の強度が落ちるということはありません。

1.伐採と製材

木の成長を考慮し計画的に伐採された丸太を使用します。伐採した丸太を集成材の最終厚みに仕上げる為に必要な“乾燥しろ(木が乾燥する過程で縮む寸法)”、“削りしろ(集成材にする迄に表面を削る寸法)”を計算し板状に製材します。

伐採 製材

2.乾燥とコンディショニング

製材された板材は、数週間の天日干し(自然乾燥)を経て乾燥室での人工乾燥が施されます。人工乾燥では木材の水分(含水率)を10%以下にします。乾燥させる段階で、板は収縮し、ねじれ、曲がり、反り、割れが出てきます。これは、育った条件によって一本ごとに異なる木の性質・個性です。未乾燥は割れ、曲がり、カビの原因にもなります。人工乾燥が終わった後は、板材を乾燥室から取り出し、数日間外気に馴染ませ、含水率を約12%前後まで戻します。(コンディショニング)

伐採 製材

3.木取り

板材を1枚1枚確認しながら、利用する幅、長さに伸びを付けてカットします。 また利用できない割れ、腐れは取り除きます。

伐採 製材

4.切削 (横ハギパネルの場合は必要無し。)

モルダーで表面を削り、木取りの工程で見えなかった欠点が見える様にします。

伐採

5.等級分け・色合わせ(横ハギパネルの場合は必要無し。)

切削した木材を等級毎に分け、色が近いもの同士に分けます。

伐採

6.たて継ぎ(横ハギパネルの場合は必要無し。)

要求された長さにする為、たて継ぎします。
接着面積が大きく、精度の高いフィンガージョイントで短い板をつないで長くします。

伐採

7.切削

たて継ぎした木材(横ハギの場合は木取りした木材)をモルダーで更に削り寸法を整え真四角にします。

8.等級分け・色合わせ

切削した木材を等級毎に分け、色が近いもの同士に分けます。

伐採

9.幅はぎ

等級分け、色合わせが終わったら、幅方向を接着する作業を行ないます。接着面に専用のボンドを塗布し専用の横張り機械に入れて、一定の時間プレスします。

伐採

10.コンディショニング

幅はぎが終わったら、横張り機械より取り出し、1~2日程度外気に馴染ませます。

伐採

11.サンダー仕上げ

サンドペーパーが設置された機械で表面を削り、幅はぎの際に表面に出たボンドを取り除き、指定の厚みに仕上げます。

伐採

12.トリミング作業

プレカットマシンで幅・長さを指定のサイズにカットします。

13.検品・梱包

出来上がった製品を1枚ずつ厳しくチェックした後、綺麗に梱包して出荷します。